幼児クリスマス会・保護者会

乳児のクリスマス会のあとは、さくらのお部屋のクリスマス会が行われました。

 

これまでに、毎日のようにクリスマス会ごっこを楽しんでいたこどもたちからは、「緊張するけど楽しみ!」「はやくクリスマス会にならないかなー」という言葉や、クリスマスソングを鼻歌で歌ったりして、この日を迎えることを待ちわび、わくわくしていました。

 

そして、今日、「きよしこの夜」のハミングに合わせ入場し、静かな雰囲気の中クリスマス会が始まりました。

 

うたったり、合奏をしたり。

少しの緊張の中、これまでのクリスマス会ごっこよりも素敵なのでは?と思うほど素敵な音楽が幼保園に響き渡りましたね。

 

年長さんのハンドベルは、ここまでは緊張からか、間違えると

「あ、違った!」と口に出してしまい、ドキドキがみんなに伝染していくことが多くありました。

「一生懸命やることがたいせつ」

「まちがえたっていいんだよ」

「お客さんははじめて聞くんだし、間違えても堂々としてればきづかないかもよ?」

などと話し合いながらやってきました。

お客様の前で、堂々と立派に演奏していましたね。

たくさん たくさん 拍手をいただいていました。

 

去年までは歌わずそっぽむいたり、座り込んだりしてたのに…と涙ぐんで話してくださったお母さまの姿が印象的でした。

 

完璧な演奏を目標にしているわけではありません。

 

少し困難なことに挑戦し、「がんばる」こと

みんなで力を合わせること

それを乗り越えたとき、こどもたちひとりひとりの心に何かが残ってくれたら…

と願っています。

 

こどもたちの音楽会のあとは、今回は親子でクラフトタイム。

みんなでおしゃべりしながらかわいいトナカイ作りをしました。

材料も作り方もシンプルなのに、ひとつとして同じもののない、すてきな作品が

できあがりましたね。

 

そしてここからはこどもたちはお客さんになって、

リコーダー部の演奏を鑑賞。今回はギター奏者も加わり、昨年よりさらに

深み、温かみのある素敵な音楽を届けていただきました。

来年に向けてまた部員は募集していきます!

 

おはなしのプレゼント

最後は♪しずかなクリスマス…

 

音楽にあふれた楽しい時間になりました。

持ち帰った1枚のクッキーはご家族で分け合っていただけましたか?

帰ってからどんな思い出話になったでしょうか。こどもたちに聞いてみます。

 

 

午後からの保護者会では、今年度の保育の中からこどもたちの様子を動画でご覧いただきながらお伝えしたり、モンテッソーリ活動の紹介や体験をしていただいたりしました。

教具でのおしごとだけではない、日常生活そのものの大切さを感じていただけたら

嬉しいです。

そして最後はみなさんでおしゃべりタイム。いっぱい話して笑って、今年を締めくくっていただきました。

毎回多くのみなさんにご出席いただき感謝しております。今後もより有意義な保護者会になるよう職員一同がんばります!

 

 

さあいよいよ年の瀬。

園内は新しい年を迎える準備を始めていきます。

ご参加ありがとうございました。