もうすぐ運動会

今週末は、さくらぐみの運動会ですね。

ここのところ、

 

「今日は運動会ごっこ何する?」

 

と朝からはりきっているこどもたちの姿がよく見られます。

公園に出掛ける準備が素早いことからも、運動会ごっこが楽しみで仕方ない様子がうかがえます。

 

毎日の遊びの中での運動会もこんなに楽しいのなら、

おうちの方々も参加していただける本番はもっともっと楽しくなるはず!

胸のワクワクが抑えきれないこどもたちと職員たちです。

 


さて、ウィズチャイルドでは、おうちの方々にも参加していただく行事がいくつかあります。折にふれてご紹介してきましたが、

行事にたいする考え方として、3つの柱があるのはご存じでしたか?

 

☆こども主体であること

☆保護者参加型であること

☆日常生活の延長線上にあること

 

30年前の開園当初は、今よりも発表会の意味合いが各行事に強くあったそうです。

そこから少しずつ形を変えて、ここ数年もバージョンアップを繰り返してきました。

 

こどもたちがやりたい!と思えるよう、計画からこどもたちみんなで話しあおう!

 

おうちの方がカメラを構えて、お客さんとして観ていただくのではなく、

一緒に参加できるものにしたい!

 

行事前だからと園生活のリズムは崩すことなくできるよう、

普段の生活の中に活動を盛り込んでいこう…

 


少しずつ内容が変わるにつれて、

こどもたちの行事に向ける姿勢が前向きになってきたり、

おうちの方と一緒にしたことを嬉しそうに話す様子が見られたり…


そして保護者の皆さんが、より積極的に関わろうとして下さっていることが感じられます。

 

私たち職員とご家族の関係が密になるだけでなく、

ご家族同士がつながって、おとながいろんなこどもに声をかけてくださるところが見られるのも嬉しい瞬間です。

 


今回の写真には、応援しつつ体操に参加するインファントクラスの姿も登場しています。乳児クラスの職員たちも、小道具準備などでバックアップ。 



さあ、今回のさくらぐみ運動会は、どんな会になるでしょうか?

みーんなで楽しい一日にしましょうね!

 

お天気に恵まれますように…