秋の食育体験①

収穫の秋、と呼ばれるこの季節。

 

園でも、こどもたちが食に触れる機会が多くありました。

 今回は、そのうちのいくつかを、3本立てでご紹介します。

 

 さくらぐみの秋の親子遠足は、石坂ファームさんの畑へ出かけてのおいもほり。

 

秋の自然に囲まれ、土と全身でたわむれ、みんなでさつまいもをほりました。

お弁当の時間には、おうちの方々特製の、豚汁も味わいました。

おみそはもちろん、黄色バッチが春に仕込んだ、手作りみそ!「おいしー!」とおかわり続出でした。

 

そしてさつまいもだけでなく、大根やカブなどの収穫を体験した人もいました。

収穫はなかなか体験できない貴重な体験。

 

特に今年は、天候がさつまいもの生育には不向きで不作だったとか。

今はスーパーや八百屋さんには、形がそろってきれいな野菜が並んでいるのが当たり前な世の中です。

 

食べ物が自然からの恵みであること、

育てるのにどれだけの手間や愛情をかけられて私たちの手元に届いているのか…

 

大人でも忘れてしまいがちですが、石坂さんのお話を聞いたり、大小さまざまな形をしたさつまいもを見て、いろいろなことを感じることができました。

 

おいしい!楽しい!の他に、食べ物への感謝の気持ちを思い起こさせてもらえた秋の親子遠足でした。