インファントだより

今日で新しい環境に旅立つこどもが多く、嬉しさ、さみしさが入り混じったような忙しい一日になりました。

 

さてそんな日ですが、インファントのお部屋から楽しいごっこ遊びのエピソードが届きました。

 

この頃おままごとや、お店屋さんごっこ、劇遊びなどのごっこ遊びがとても盛り上がってきたこどもたち。特にお弁当箱に食べ物をつめて、部屋中を練り歩いている様子がほほえましく、みんなでお弁当の中身を手作りしてピクニックごっこをしよう!ということになりました。

 

「何を入れたい?」

「おにぎり!」「たまご!」「トマト!」

みんなで折り紙やティッシュを使っておいしそうな具材ができあがり。

 

中が見えると楽しいかな?と、透明なお弁当箱を用意して、好きな食べ物をつめました。お弁当屋さんとして

「どれがいいですか?」と小さいお客さんのお手伝いをしてくれる人もいました。

 

お弁当ができたらピクニックにでかけます。お部屋の中ではありますが、敷物を敷いてみんなでパクパク。

「いいなあ」と声をかけると、「あーん」と枝豆をおすそわけしてもらえました。

去年の春には、まだまだ本当に口に入れて食べてしまっていたようなこどもたちも、

こんなごっこ遊びを楽しめるようになったんだなあ…

と嬉しくなりました。きっとこれからますます素敵な遊びが生まれていくんでしょうね。

またやろうね!とみんな自分の作ったお弁当を嬉しそうにお土産に持って帰っていきました。

 

 

 

 

すっかり春の陽気になってきました。

春は、旅立ちの季節、出会いの季節ともいいますね。

明日からどんな出会いが待っているか、今から楽しみです。

 

そして巣立っていったみなさん、いつでも顔を見せにきてくださいね。