たのしい秋祭り

今年は台風が多く、なかなか秋晴れとはいかない日が続いていますね。

 

しかし今年も、お部屋の中はお祭りムードで盛り上がりました。

 

今年は年長の黄バッチの会議から準備が始まりました。

なんのお店を出したい?

道具は?材料は?

小さい人もできるかな?

活発な意見が飛び交い、グループごとのお店は,

たこやきやさん、アクセサリーやさん、

むしとりやさん、かきごおりやさん、しゃてきやさん に決定。

 

昨年好評だったおばけやしきは、黄バッチがみんなに内緒で準備することにしたんだそうです。

(え~そんなにできるのかしら…)先生たちは心の中でちょっとだけ思ったそうですが、やると決めたこどもたちはがんばりましたよ。

 

おばけやしきの材料の段ボールを、地下のスーパーで分けていただいたり、材料の買い出しに出かけたり、赤・緑バッチができそうな仕事を考えたりと、黄バッチは大忙しでした。

 

 なるべくこどもたちに任せよう、と先生たちが見守ることに努めたところ、

もめごとが起きたり、仕事が滞るグループがあったり、手伝うよーと、助っ人になってくれる人がいたり、わりばしでっぽうを作る係のはずが遊ぶことに夢中になったり、赤バッチの何人かは途中でインファントと散歩に出かけて気分転換する場面もあったりと、紆余曲折を経て、前日にはなんとか準備ができ、インファントとひよこのお部屋に招待のお知らせもしてくれました。

 

インファントからも

わたしたちのジュースやさんにもきてね!

とお兄さんお姉さんを誘う声が聞こえました。

 

 

そして迎えたお祭り当日!

0歳から6歳までが集まって、活気にあふれた一日になりました。

先生のお店のプラ板屋さんも大盛況でした。

 

持ち帰ったお土産と、こどもたちの笑顔から、

楽しかった様子がおうちの方にも伝わりましたでしょうか?

 

写真には、当日の「きょうのさくらぐみ」ものせました。

素敵なお店屋さんの様子を、ぜひ拡大して読んでみてくださいね。