桜ケ丘公園で遊んできました

運動会を終えて、ますます元気なさくらぐみのこどもたち。

 

今日は朝から桜ケ丘公園に出掛けてきました。出発時間に合わせての登園のご協力ありがとうございました。

 

片道1時間と少しの道のりをてくてく歩いて行ってきました。

 

 

今回はこどもたち、一緒に行った職員たちへのインタビュー形式でお届けします。

 

おかえりなさい!

「楽しかった~!」「疲れたけどね」

「いい日だね」

「どくきのこあったよ」

「あ、食べてはいないからほんとに毒かはわかんないんだけどね」

 

他には何があった?

「どんぐりいっぱいあったから小さい子にもあげるよ」

 

黙ってうれしそうにおしぼりケースを部屋の虫かごに近づけている人発見。

中からは何か動くものが?何それ?

「こおろぎだよ~」

ともだちを連れ帰っていたとは。

元から1匹いたのが2匹になりました。

 

そして職員。

前回行ったときと違いはありましたか?

「こどもたちの体力です!赤バッチも帰りまで元気でびっくりです。」

「大きい人たちが小さい人に自然に手を差し伸べたり、

アスレチック遊具ではお父さんかお母さん?のように守りながら一緒に遊ぶ姿が増えました。安心して体を預けて遊ぶ小さい人の様子からも、

みんなの関係が深まっているんだなあと…感動でした!」

先生泣きそうです。

 

他にお知らせしたい出来事は?

「公園に着いて、青空の下で集会をしました。お部屋以外でしたのは初めてで、

集会お当番さんも他のみんなも気持ちよさそうでした。」

 

今回の写真について解説をどうぞ。

「たくさん歩いて、こどもたちがどんな景色を見てきたか感じてほしいです。」

「きのことかまきりにも注目です。」

「最後の階段は、ただいま!と園に到着したところです。」

「お子さんと一緒に見て、いろんな思い出話をしてください。」

 

以上です!

楽しい自然保育だったようですね。

エネルギーの有り余ったこどもたちが次はどこに行くのか…

どうぞお楽しみに!