やまにのぼろう!

たくさん歩く経験を積み重ねて来た黄バッチ。遠くの公園に出掛けるときには

ちいさい人を引っ張ったり、励ましたりしてリードしてくれる余裕もでてきました。

 

もっともっと遠くに行ってみようよ!

 

ということで、月末に黄バッチだけで高尾山にいくことになりました。

 

今日は山ってどんなものかな?

と、先生が粘土をコネコネ…

くぼみやデコボコをつくって見せると

「湖!」「川!」などと声があがります。

 

次はいよいよ大きさの違う山を二つ作りました。

頂上ってどこだろう?

高さってどうやって測ったらいいんだろう?

 

粘土の山に割りばしをさして測ってみました。

割りばしに印をつけて、

「山に登るときはこの長さを歩けばいいのかな?」

と聞かれると、みんな考え込みました。そこで、紐をつかって登山道を山に這わせてみます。その紐と割りばしの印までの長さを比べると…

歩く距離の長さにびっくりしていました。

こんなに歩ける?がんばろう!登山へのやる気が俄然アップしたようです。

 

そして長さを測るっておもしろいね、となり、定規?メジャー?

みんなの分がないなあ  リボンで測ろうか?

1メートルのリボンを持っていろんなものを測りました。

自分の体、ともだちの体、園にあるもの、床…リボンをつなげたら?

 

たくさん測って楽しんだあと、

「高尾山の稲荷山コースは3100メートルで、このリボンを3100本つなげた長さなんだよ」

と教えてもらいました。

「ええ~!!!」

とみんなさらにびっくりでしたが、ますます山登りが楽しみになったようです。

 

せっかくの山登り。ただ登るだけではもったいない!

これからも当日に向けていろいろ楽しんでいきますね。