クリスマス会・保護者会

12月17日、乳児部、幼児部に分かれてのクリスマス会と、

全体の保護者会が行われました。

すてきな音楽に触れて楽しむことを大切にしたいという思いを持って、

みなさんをお迎えしました。

 

歌声

様々な楽器の奏でる音

拍手

笑い声…

 

お部屋にあふれる

すべての音が温かいハーモニーとなって

響き合っていました。

 

乳児部では、いつもしているリトミックや、

歌に乗せての「もりのクリスマス」のおはなしを、

おうちの方が一緒にしてくれるのが

嬉しそうだったり、恥ずかしそうだったり…

 

先生たちのリコーダー演奏や、黄バッチのハンドベル、

最後に歌った「しずかなクリスマス」のときには

じっと静かに耳を傾けていた姿が印象的でした。

 

幼児部では、バッチごとの歌や合奏、

みんなのあこがれの黄バッチのハンドベルまでは、

いつもより緊張感が漂う雰囲気でしたが、

そのあとはリラックスして、わらべうたやリトミック、

新入部員のお母さんを迎えての大人のリコーダー部演奏などを楽しみました。

 

朗読と音楽による「こうさぎましろのおはなし」で、

会場全体がおはなしの世界に入り込んだような不思議な気持ちになった方も

いらっしゃるのではないでしょうか。

 

ささやかなプレゼントをおみやげに、

笑顔で帰っていくみなさんを見送りながら、どうかすてきな思い出も持ち帰ってくれますようにと願いました。

 

 

 

そして午後からは今年度第2回目の保護者会。

今年度取り組んできた、さくらぐみの運動についての発表や、

乳児の生活のビデオ上映、大人のミニリトミックタイム、

グループトークでは、「我が家の今年の漢字」をテーマにお話ししていただきました。

様々な漢字が挙げられて、みなさんの本当に様々なエピソードを聞かせていただき、

みなさんの大切な、貴重な一年を私たちも一緒に過ごさせていただいてきたのだなあ…とありがたい気持ちになりました。

そして前向きな漢字を挙げる方が多いのにも、嬉しい驚きを感じました。

 忙しい日々を送るみなさんの力強さを感じさせていただき、

新しい年に向かうパワーをもらうことができました。

みなさんの今年の漢字は玄関に掲示してありますので、どうぞご覧くださいね。

 

午前、午後の一日にわたり、ご参加ありがとうございました。

お部屋の飾り作り、リコーダー部へのご参加、クッキー作り、当日の盛り上げ、などなど、たくさんのご協力に感謝いたします。

 

音楽にたっぷり親しんだこどもたちと、今度は何をしようか、と

週明けの今日はまた先生たちが家から楽器を運んできていましたよ。

今日からもまた楽しんでいきましょう!