黄バッチ博物館遠足~国立科学博物館~

 

 

黄バッチが国立科学博物館へ遠足に行ってきました。

 

 

これまで黄バッチは、自然や生物など色々なことに興味を持ち、「なんでだろう」「知りたい」「調べたことをみんなに伝えたい」という気持ちがたくさん生まれていました。

 

博物館に行けば、知りたいことを知ることができる。新しい発見がある。ということで、博物館遠足を計画することに。

 

 

多摩六都科学館か国立科学博物館か…と1日かけて話し合いをして、今回は多数決で国立科学博物館に決まりました。

 

 

 

 

博物館でどんなことが知りたいかをあらかじめ考えて、しおりに写真を貼ったりメモをしておき、ワクワクの気持ちを抱えて博物館へ出発。

 

楽しくおしゃべりしながら京王線と山手線を乗り継いで上野駅へ。

 

 

 

目の前に広がる大昔の生き物の化石に圧倒されながら、次々と展示を見て回りました。

 

化石の他にも、鉱石や標本、昔の科学の展示もあり、自分のしおりの写真と見比べ大興奮のこどもたちでした。

 

 

 

海洋生物のフロアのスタッフの方に、クジラの進化について教えていただいたのですが、こどもたちは「え、そうなの?」と驚き、新しい発見をしたようです。ぜひ、聞いてみて下さいね!

 

 

 

 

 

充実した一日を過ごし園に帰ってくると、緑バッチや赤バッチに発表することになりました。

 

「アーケロンという亀の祖先を見た」「科博のオキテというお約束がある」「ティラノサウルスの化石があった」など、今日知ったことを他の人に伝えたいという思いが溢れていました。

 

 

 

 

今後は、壁新聞を作ろうということになっています。

 

どうぞお楽しみに!