おまつりごっこ

8月24日はさくらのお部屋でおまつりごっこが行われました。

 

保護者の皆様からは「今回ずーっと準備してましたよねえ」

との声があがっていましたが、そうなんです!

 

今年の暑い暑い夏が始まるころから相談が始まり、こどもたちはこつこつと準備を重ねてきました。

はじめはグループの決め方から相談。

今回はくじ引きという結論になりました。

 

次にグループごとに出店するお店の内容の話し合い。

奇跡的?に全部違う種類のお店になりました。

 

準備に使うものの調達や作り方を黄バッチ中心で考え、買い物に行ったり、お店にダンボールをもらいに行ったり。

 

幼保園のみんなに買い物に来てもらいたいから、いくつ作ろう…ひとり2個あげたい!なら100個くらいだ!ひえ~!と大騒ぎ。最終的には120個用意したお店もあったそうです。時間かかるはずですね…。

 

さくらだけでなく、たんぽぽのお部屋でもアイスクリーム屋さんの準備が始まり、待ちきれない小さい人たちは毎日お部屋でお店屋さんごっこをしていました。当日を迎えるころにはベテラン店員さんのように手慣れてきた人もいたくらいでした。

 

笑いあり、涙あり、メンバーの夏休みでの長期お休みなども乗り越え迎えた当日。

 

大きい人も小さい人も笑顔がはじける一日になりました。おみやげをいっぱい抱えて帰る人、なぜか持ち帰りはいい、と思い出だけを持ち帰る人もいたり楽しみ方はそれぞれでしたが、これまでの長ーい時間も含めて素敵な経験になってくれたらよいなあ…と職員一同願っています!

 

祭りの後…こどもたちが「おばけやしきもやればよかった」「他のお店もやりたいね」と早速相談していました。まだまだお楽しみは続きそうです。

今年もふらりとやってきて開店していた園長先生のかきごおりやさんもまた来てくれるといいですね。