あけましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。

 

2019年の幼保園は本日スタートしました。

朝からあちこちで

「明けましておめでとうございます。」

「今年もよろしくお願いします。」

とちょっぴり照れくさそうに新年の挨拶が交わされていました。

 

まだ言葉が出ないちいさい人も、丁寧に、深々とお辞儀をしてくれていましたよ。

 

早速久しぶりに集まった仲間たちと、日本に伝わる伝承遊びを楽しみました。

凧やかるた、こまを作ったり、

けんだまをしたり、

ふくわらいをしたり。

 

ふくわらいをしながら、「ぜんぜんみえないよ!」と言っていたたんぽぽさん。

「これは見えなくていい遊びなんだよ~」とみんなで初笑いになりました。

 

そして つくし、たんぽぽのお部屋の人たちは、神社に初詣におでかけ。今年のみんなの無事を祈願してきました。

普段よりたくさんの参拝客の方々、巫女さんやお炊き上げの火などを眺めながら、ちょっぴりあらたまった気持ちを味わえたのではないでしょうか…

 

さくらのお部屋の人たちは、まだお休みの人が多かったので、お参りは来週に。

今日は作った凧を持って多摩川に行ってきました。

あんまり風がないかな…という大人の心配をよそに、ぐんぐんと予想外なほどに凧は大空を舞っていました。初日で凧揚げ名人の呼び名を与えられた人もいたほど見事に凧を操ってきたそうです。

 

今年も楽しい一年になる予感がする一日となりました。

 

みなさま本年も幼保園をどうぞよろしくお願いいたします。