カレーパーティー・お泊り保育

 

年中・年長さんと、カレーパーティー&お泊り保育をしました!

 

 

 

 

 

カレーパーティーの話題になったのは、さかのぼること2か月前。

 

「去年みたいにカレー作りたいな」

「今年はお泊りだよね」

 

こどもたちからこんな声が聞こえてきました。

 

 

「それなら、どんなカレーパーティーにしたい?」

「カレーには何を入れる?」

「きゅうりを切るおしごとをして、包丁の練習だ!」

「他の先生にも来てもらいたい!」

 

と、年長さんを中心に色々な準備が始まりました。

 

 

 

やることリストは日を追うごとに増えていきます。

例えば…

 ・ご招待する先生に招待状をお渡しする。 

 ・おもてなしってどんなことをするのか考える。

 ・各係のリーダーを決める。

 ・カレーに入れるものを決める。

 ・買い物には誰が行くか決める。

 

などなど。この他にも、たくさんの準備を生活の中でしていきました。

そんなここ2週間の準備の様子は、玄関に掲示していたので、ご覧になった方も多いと思います!

 

この話し合いには、年少さんも興味津々で、毎回覗きに来る人もいるほど。

 

 

 

そして、日頃、ミーティングの中で自分の意見を出し合っているからか、活発な議論がなされ、楽しいカレーパーティーの計画が立てられました。

 

 

 

 

 

カレーパーティー当日。

 

買い物に行く人、下ごしらえをする人と分かれ、それぞれが自分のやりたいことに向かって頑張っていました。

初めての事にドキドキしていた人も、次第に笑顔が見られ、興味をもった活動に楽しんで取り組んでしましたよ。 

 

 

 

 

最初から最後まで包丁で野菜を切ってくれた人。

 

あらかじめ作っておいた絵カードやチェックリストを見ながら、

「まだサラダ作ってない!」とサラダづくりに尽力する人。

 

ご招待の先生の席札にメッセージを書こう!と提案する人。

 

みんながやけどをしないように、カレー鍋を見守る人。

 

 

こども達が自分たちで考えて行動していた姿に本当に感動しました。

 

 

年長さんは、

パーティーが始まると、ご招待した先生を席まで連れて行ったり、カレーやサラダをサーブしたり、質問タイムで楽しんだり、おもてなしをたくさんしていました。

誰かの為に頑張ること、ご招待の方々に「楽しかった」と言われたことは、自信につながったことと思います。

 

 

 

計画通りに進めることだけでなく、思いついた意見をその場で言って、賛成してもらったりよりよい意見が出てきたりと、計画以上のカレーパーティーになりました。

 

こどもたちの力って、本当に素晴らしいですね。

 

 

 

 

パーティーの後は、年中さんは帰り、年長さんはお泊りをしました。

ドキドキのお泊りでしたが、10人一緒なら、大丈夫!というように、みんなすやすや眠りました。

 

次の日は、自分で握ったおにぎりなどを朝食に食べ、

雨のなかレインコートを着てお散歩へ。

わざと水たまりに入ったり、フィギュアスケートの真似をしたり雨ならではのお散歩を存分に楽しんで来ました!!

 

 

 

この2日間で、

「時間が経つのが早いね」という言葉が聞こえてきました。

 

楽しいことはアッという間にすぎていくものですね。

 

 

この2日間のこどもたちを見ていて、

毎日の生活がこんなにもこどもたちの中に根付き、存分に力を発揮できるのだということに気づかされました。

 

 

 

次は、どんな意見がこどもたちから出てくるのでしょうか。

楽しみですね!!

 

 

写真をアルバムにアップしますので、ご覧ください。

準備等、たくさんのご協力、ありがとうございました